水槽の脳

戯れ言

月面のブランコは揺れる 夢の中で僕等手をつないで飛んでた 目が醒めて僕は泣いた

3時30分中途覚醒

慌ててマイスリーを飲んで5時30分に再び起床。

今日は無事にコンサータを服用することができました。

一安心……

最近心臓の調子が悪いのでヒドロクロロチアジドとラシックスカリウムも飲んでいます。

今後もサボらず面倒くさがらず飲む習慣をつけなければなりません。

コンサータをきちんと服薬する為にもこれからは毎日アラームをかけて眠ることにしよう。

頑張ろう。

二度寝して起きたら6時30分ジャストでした。

コンサータは飲んで1時間で効果が体感できるというのは事実だと再確認できました。

毎朝凡そ820円(コンサータ1t辺り410円)ものお金をかけて漸く起きられている現実……

自立支援医療制度に感謝しなければなりません。

自己負担額が世帯所得によって変わるように設定されているのも有り難いです。

実家に住んでいるので世帯所得が結構な額になってしまい自立支援医療制度などの恩恵を受けられないので(非常に困る)、我が家ではマッマ、マッマ彼、ぼく、それぞれが世帯主として届け出ています。

生計を共にしていないので、勿論不正はしていません。

情けないことにぼくが低収入な為、月額上限負担額も比較的安く済んでいます。

早朝にベランダで煙草を燻らせていると、なんの鳥かは解らないけれど可愛い鳴き声が聞こえてきました。

文字にするなら「チュピチュピ」「ピィピィ」みたいな感じ。

癒されました。

 

姉御のブログが久しぶりに更新されていたので起床するなりすぐ読みました。

文才が凄い……

面白くて思わず何度も読み返してしまいました。

解りやすく簡潔に且つ面白くぼくの友やめ寸前の友達(仮)のことをバッサリ斬ってくれていて、痛快でした。

「自覚のない悪人」

言い得て妙です。

確かにぼくの友達(仮)はその傾向が強いです。

なにしろ恐らく妄想性パーソナリティ障害と境界性パーソナリティ障害、他にも数多の精神病を持っていると思われるので多分本当に自覚がないのだと思われます。

f:id:braininavat_nano:20211003162123j:image

\唐突な原田ちあき/

「自覚のない悪人」は周囲の人間をほとほと呆れさせますが、なにしろ本人は常識的な人間であると思い込んでいるのだから手に負えません。

常識の定義を教えてあげたくなります。

「健全な一般人が共通に持っている、または持つべき、普通の知識や思慮分別」

これテストにでるのでよく覚えておくように!

友達(仮)がもし本当に常識的な人間であれば、こうやって赤の他人に揶揄されることもないだろうに……

姉御がちびまる子ちゃんの「まるちゃん」に自分を喩えているのも、姉御のことをよく知っているぼくからしたら「あ~確かに!」と思わず笑ってしまうような上手い喩えでした。

ぼくも自分のことをちびまる子ちゃんのキャラクターに喩えてみたいと思ってちびまる子ちゃんの公式サイトで3年4組の生徒の紹介文を全て読みましたが、誰一人として似ているとは思いませんでした。

f:id:braininavat_nano:20211003084643j:image

せいぜいガリ勉繋がりで丸尾くんでしょうか?

それとも大穴で長山くん?

どちらもピンときません……

姉御にLINEで相談してみると、すぐさま返事が……!

f:id:braininavat_nano:20211003084038j:image

城ヶ崎さんだなんて嬉しすぎる、姉御しゅきしゅきビーム!♡

あ、勿論LINEのスクショは許可を得て掲載しています。

想定外にかなりいいキャラクターに喩えて貰えて光栄ですが恐縮です。

f:id:braininavat_nano:20211003084708j:image

城ヶ崎さんて下の名前姫子なんですね。

凄い苗字と名前だなぁ……

実家がそこそこ裕福なところと勝ち気なところだけは似ていて笑いました。

みんなに美人で性格がいいと言われ

褒められ

苦にはされず

さういふものに

ぼくはなりたい

宮沢賢治雨ニモマケズを意識しましたが、自信過剰すぎて誰の心にも響かない残念な仕上がりです。

ぼくの辞書には謙虚という文字はありません。

あ!姉御!バイトの面接合格おめでとう!◎

現場猫、応援しています◎

体調に気をつけて頑張ってください◎

 

実は最近コストコにて娘がユニコーンの寝袋をゲットしたのですが、これがもうパッケージの段階で既に滅茶苦茶可愛くて蕩けました。

f:id:braininavat_nano:20211003121812j:image

このユニコーン、ふわっふわなのです。

しかもしっかり毛布に包まって眠ることになる為、風邪防止にも良さそうです。

敷いてみても滅茶苦茶可愛いのです。

ピンク×ラベンダーという最強の配色。

色使いが洋画のティーンの部屋みたい!!!

f:id:braininavat_nano:20211003074326j:image

f:id:braininavat_nano:20211003074447j:image

娘のお部屋とぼくのお部屋はこんな感じにしたいです。

パステルカラーで埋めつくされたお部屋なんて、可愛すぎるしお洒落すぎます。

「可愛い」も「お洒落」も不変なのです。

 

そういえばぼくがD払いを使えなくしてから、結構日にちが経っているような気がします。

今月支払う先月の携帯代金の引き落とし額は一体いくらなんだろうと思い立ち、すぐさまMy docomoで確認してみました。

f:id:braininavat_nano:20211003112335j:image

なんということでしょう……

今月の請求額も来月の請求額もまだ未確定ですが、1万円を切っていました。

それまで毎月平気で4万円近く払っていたのが馬鹿みたいです。

D払いは簡単に決済できて便利なのですが、その分無駄遣いを誘発しがちです。

クレカもD払いも結局は来月の自分に任せた!よろしく!と支払いを先延ばしにするだけの手段なので、断ち切れて良かったです。

なにしろ根が浪費家なので、あればあるだけ使ってしまいます……

これでも若かりし頃のぶっ壊れた金銭感覚と比べたら、徐々に矯正したのでだいぶマシにはなったんですよ。

それでも人様に比べると浪費家以外のなにものでもありませんが……

D払いを使えなくして本当に良かったです。

確かに少し不便ではあるけど、耐えられないほどではありません。

ぼくがD払いを使えないようにした切っ掛けはトリマが詐欺サイトと連携していて異常な額を一度に引き落としされたことだったけれど、結果的には家計の無駄を削ぎ落とすことができました。

あとは糖質制限を始めたのも家計的意味合いでは良かったのかもしれない。

いや、糖質制限自体はコスト的には高くつくんですが、UberEATSを利用することがなくなったのです。

なにしろ糖質制限中でも食べられるファーストフードはケンタッキーくらいしかないので……

UberEATS離れできたことも結果的には家計の無駄を削ぎ落とすことへと繋がりました。

誘惑に負けない為にアプリも削除したし……

今月からは少し生活にゆとりができそうです。

たばこ税や消費税があがったので手放しでは喜べないけれど、我ながら良い傾向だと思います。

 

ぼくが誤って削除してしまった記事に書いていたマウンティングや自己肯定感、幸せは絶対評価相対評価か?、成功体験の積み重ねの重要さ、というお話について再び触れたいと思います。

まずはセトウツミにて、内海が瀬戸に傲慢さを見抜かれ指摘されるシーンを再掲。

f:id:braininavat_nano:20211003132433j:image

f:id:braininavat_nano:20211003132451j:image

・ぼくも自覚症状こそないものの、無自覚に人様に対してマウンティングしてしまっているのかもしれない(瀬戸の言うように「他覚症状」が「半端やない」のかもしれないという懸念)

・実際、ぼくは親兄弟にさえ「賢さをひけらかすところが鼻につく」「本当に賢い人間は賢さをひけらかさない」等と往々にして指摘されている

・(今際の国のアリスのチシヤの知的アピールにイラッとし同族嫌悪を抱いたことを受けて)もしもぼくも人様に同じような気持ちを味わわせてしまっているのならば、申し訳なくて恥ずかしくて穴を掘ってでも入りたい

~ここまではぼくがひとにマウンティングしてはいないかという自問自答~

・どんな状況であれ幸せだと本人が思いさえすれば幸せだし、どれだけ恵まれていようと人様と比較しなければ幸せを感じられなければ一生幸せにはなれない

・自らを許容する才能がなければ自己肯定感が高まることはない

・マウンティングをする人々は自己評価や自己肯定感が著しく低いものと考えられる

・マウンティング内容とはアピールポイントであり、手塩にかけて伸ばした長所であると考えられる

・自己肯定感が他者の評価によって揺れ動くタイプの人々は往々にしてマウンティングをする

アイデンティティ(自己同一性)の確立に失敗した人々はしばしばマウンティングをする

・恐らくマウンティング対象に勝利宣言することにより束の間の幸せ(勿論、相対評価の。)を得て自己肯定感を高めるのが目的であると考えられる

・我ながら呆れてしまうのだけれど、ぼくは生まれつき自己肯定感の塊なので(勘違いしている、傲慢、高飛車ともいう)、自己肯定感が低いひとの気持ちが解らない

と、大体このような持論を述べました。

正しいかどうかは神のみぞ知る、ですが兎にも角にもぼくはマウンティングする人々の正体を暴こうと試みたのです。

そしてほんの数日前まで自己肯定感は生まれ持ったものだと認識していたのですが、それは余りにも傲慢な錯覚であり事実ではないことに気付きました。

確かに「自らを許容する才能」がないと自己肯定感を高めるのが難しい一面はあります。

しかし結局のところ、如何に成功体験を積み重ねられるかにかかっている面も確かに存在するのです。

これは子育てする上でただの一度も育児書さえ読まなかったぼくが最も重きを置くべきだと感じ常々実行している、子供の自己肯定感を高め自己評価をあげる子育ての手法にも関連性があります。

今話題の「ふわふわ言葉」と「チクチク言葉」で喩えるならば如何に「ふわふわ言葉」をかけてあげることができるか、そういう些細なことの積み重ねで子供の自己肯定感が高くなるか低くなるかの分かれ道になるのではないかと考えています。

また、肯定し許容し褒めることによって子供が各々生まれつき持ち合わせている器を「自己肯定感と成功体験」で満たしてやることができるとぼくは考えています。

思い返してみると、ぼくは周囲の大人達に「良い子だね」「賢いね」「お利口さんだね」「お行儀がいいね」等と常に褒められて育ちました(基本的に優等生だったせいかもしれませんが)。

褒められることにより自己評価や自己肯定感は高まり、勉強という数字で結果がでるものに取り組み結果をだすことで更に成功体験を積み、生け花のコンクールで何度か賞を獲ることでまた新たな成功体験を積み重ね続けることができました。

ぼくのマッマなどは親の欲目から、この歳になっても「物知りやな」「知的やな」「賢いな」と三段活用で褒めてくれたりします。

そういう幼少期から日常的に積み重ねられ培われてきた成功体験、それによるアイデンティティの確立、それらのお陰でぼくの自己評価と自己肯定感の高さは育まれたのだと思います。

「親ガチャ」という言葉は余り好きではありませんが、ぼくは「親ガチャ」で喩えるのならば大当たりをひいたのだという事実を否定するつもりは毛頭ありません。

両親に対する感謝や恵まれた環境に対する感謝を忘れずに生きてゆきたいです。

なにしろ、ぼくと弟は有り難いことに一人当たりランボルギーニアヴェンタドール一台分程の教育費をかけてもらっているので……

何故ランボルギーニアヴェンタドール換算なのは我ながらよく解りませんが、生きるスポーツカー(残念ながらぼくは穀潰しに成長しましたが)ってなんかかっこいいじゃないですか、てへ。

 

さて、賭ケグルイで大ハズレをひいてしまったので中々新しい映画やドラマを観る気になれず結構引き摺っていましたが、今日からリスタートをきってまた映画三昧ドラマ三昧の日々に戻りたいと思います。

久しぶりにNetflixを開いてみたらなんと……

なんとぼくの愛する水曜どうでしょうの中でも最も好きな企画、ヨーロッパ21ヵ国完全制覇が追加されているじゃないですかぁああああああああああああ!!!!!

テンションあがりまくりです。

Netflix復帰第一作目は水曜どうでしょうに決定です。

水曜どうでしょうはハズレがないだけでなく、特にヨーロッパ完全制覇は景色も美しく見応えがあるのです。

ヤッピーーーーーーーーーー!(死語)

「ミスターワイン好きだから、ブルゴーニュのやつを飲もうよ」

「ソムリエが持ってくるのを味わおうよ」

「銘柄を確かめられて『それでいいよ』っていうことでいこうよ」

「かなり寝かしたものを飲んでこうよ」

「シェフに挨拶をしようよ」

Bonjour!」

「寝るときは僕たちは香水だけで寝るよぉ」

CHANELのN°5で寝ようよ」

「フィンガーボールで手を洗っていこうよ」

大泉洋の怒涛の発言で既に爆笑。

大泉洋が話すとなんでも面白いんだよなぁ。

あの話し上手っぷりはさすが落語好きという感じ。

話し上手なひとは落語好きなひとが多いイメージです。

くすぐり、枕の文化が染み付く為でしょう。

落語、いと侮り難し。

大泉洋ドーバー海峡に橋がかかっていると勘違いして「ドーバー大橋」を連呼していたシーンにツボって笑いがとまらなくなりました。

ドーバー大橋ってwww

何回ドーバー大橋って言うねんwww

大好きなのはドイツ回とリヒテンシュタイン回。

水曜どうでしょうは時間泥棒すぎる……

こんなに面白いと何時間でも観続けることができてしまいます……

何故か今日は既に眠くて眠くてしょうがないので早めにお布団に入っていつでも眠れる状態にしておきたいと思います。

 

さて、本日のおやすみメニュー。

メラトニン20mg.5-HTP.マイスリー10mg.サイレース4mg.ヒルナミン50mg.

 

おやすみ、世界。