水槽の脳

戯れ言

さよならありがとう声の限り 悲しみよりもっと大事なこと 去さりゆく背中に伝えたくて ぬくもりと痛みに間に合あうように

8時45分起床。

アラームが鳴っていることには気付いていましたが、今日はコンサータ飲まなくてもいいんじゃない?YOU、もうちょっと眠っちゃいなよ。とぼくの心に棲む悪魔が囁きました。

……甘言に惑わされて自堕落に惰眠を貪ってしまいました。

でもなんとかギリギリ9時(ぼくが定めているタイムリミット)には間に合ったので、コンサータを服用。

今日こそ……今日こそ早く眠るんだ……

いつも通り起きるなりSpotifyを起動して、THIS IS 星野源という公式プレイリストを再生してチルってたら眠くなってしまいました……

慌ててTHIS IS 銀杏BOYZに切り替えて、「あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す」の、

君のパパを殺したい

君のパパを殺したい

君のパパを殺したい

僕が君を守るから

というサビの部分で漸く起床。

次の曲が「駆け抜けて性春」だったのでより覚醒。

星野源もいいよね銀杏BOYSもいいよね、なんて大森靖子の「君と映画」的に書いてみました。

「君と映画」は歌詞の強弱が凄くて好き。

映画もいいよね 漫画もいいよね

ついついお金を使ってしまうでしょ

→せやな

知らない誰かに財布を にぎられる

→せやな……

テレビもいいけどなんか怖いよね

→ん……???

私のリモコン握られる

→…………???

握ってるみえないヒットラー

→……………………?????

私にあたらしい神様買ってよ

→?!?!?!?!?!?!?!?!?!

君の神様もみせてよ

→全っ然わからへんけどめちゃくちゃわかるような気もする。アンビバレント!!!!!

Aメロだけでこの強弱ですよ。

大森靖子は結構な頻度で人間性を問われがちだけれど、皆さんなんでアーティストの人間性なんかに興味関心があるんだろう?

酷い物言いかもしれないけれど、ぼくは大森靖子人間性や人格なんかどうでもいい。

大森靖子は神様じゃない。

家族でも友達でも恋人でもない。

直接関わる人間でなければ、どんな人間性であれ人格であれ一向に構わない。

大森靖子は音楽の天才だから、音楽さえ続けてくれたらいい。

ぼくの中では大森靖子はアイドルじゃなくアーティストなので容姿がどうだのスタイルがどうだの、どうでもいい。

人間なんて所詮皆ただの肉塊でしかない、ただ肉塊を包むラッピングのレパートリーが人間の数だけ存在するというだけのことだ、デフォルトのラッピングが気に食わなければ自分の好きなデザインに変えてしまえばいい。

デザインを変える自由も変えない自由も人間は皆持ち合わせている、ただそれだけのことなのにこと大森靖子に関してはPOPに受け取れない方々が多いことが不思議で仕方がない。

Twitterによくいる大森靖子のやることなすこと全てを肯定する信者にはなれないし、なりたくもない。

大森靖子のファンの半数は熱狂的すぎてカルト的であると思う。

大森靖子教」の信者の皆さんは絶えず大森靖子にお布施をして大森靖子の発言全てをまるで天啓であるかのように受け取り、一喜一憂しては信者を続けるのか棄教するのかの狭間で揺れ動き続けている。

特に思春期の女の子は「大森靖子教」の熱心な信者になりやすい傾向にあると思う。

大森靖子に心酔しすぎてしまい個性が消え失せた大森靖子構文(大森靖子は非常に独特な文章を書く。大森靖子の文章は愛と怒りと憎しみが入り交じったマグマだ。とんでもない量の情報や感情を込めて自らが言葉に文章に溺れながら紡いでいる生命のマグマだ。)を書き、心理学的用語で言うところの未熟な防衛である「摂取」をしてアイデンティティ・クライシス状態に陥ってしまっていることが多い。

大森靖子教」の信者の皆さんは日々信仰を試され踏み絵をさせられている、傍から見ればそれは異常なカルト宗教の形相である。

その性質のせいか大森靖子教を棄教した方々は次は痛烈に大森靖子を批判せずにはいられないアンチへと変化してしまう。

好きの反対は嫌いではない、好きの反対は無関心だ。

好きでなくなったのならば無関心になるのが大体の人間の思考回路であると思うが、こと大森靖子のアンチの方々は非常にアクティブであり常に大森靖子やZOCの動向をこまめにチェックしては言葉のテロリズムを行わずにはいられないようだ。

信者もアンチも同じくらい愚かでユーモラスで愛すべき人々だとは思うが、ぼく自身は大森靖子に対して常にニュートラルでいたい。

そもそも大森靖子の音楽だって、なにも全て真に受け共感し受け入れなければならない訳ではない。

ぼく自身大森靖子の全ての曲が好きだなんて決して言えない、好きな曲もあれば全く興味のない曲もある、そしてそれが正常な感性だと思う。

なにも愛するか憎むかの二択でなくたっていいのだ、ご存知の通りこの世には白や黒以外の色も存在する、灰色もあれば桔梗色もあり群青色もあって、勿論虹色だってある。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という映画があるように、「大森靖子」を俯瞰するか仰望するかは各々の判断に委ねられている。

大森靖子は良くも悪くも間違いなく「猛毒」である。

大森靖子のファンになって9年目のぼくが言うのだから間違いない。

大森靖子という「猛毒」を飼い慣らす手法はただひとつしかない、「ニュートラルでいること」だ。

音楽を愛させてくれ。

音楽しか愛したくない。

音楽だけを愛させてくれ。

音楽だけしか愛したくない。

この一言に尽きる。

 

今日はLUSHにてサンタクロースから娘へのサプライズギフトを選んで過ごしました。

娘の好きな香りは「わたあめの香り」らしいので、毎年冬限定で発売される「フェアリーキャンディ」シリーズは絶対ハマると思うんですよね……

f:id:braininavat_nano:20211013214503j:image

このフェアリークリスマスギフトにしようかと思いましたが、使わない商品も含まれているのでなんだか勿体なく感じてしまうんですよね……

実際に何度か戴きましたが、使わないものも多いし香りの存在感があるだけに威圧感まで感じてしまう始末なので却下。

f:id:braininavat_nano:20211013214917j:image

アートオブクリスマスベイジンギフトはバスボムの詰め合わせなのでかなり惹かれます。

ぼくはLUSHの商品を人様にプレゼントするときはいつも無難にバブルバスの詰め合わせをチョイスします。

だって、バスボムなんて使おうと思えば毎日だって使えちゃうじゃないですか。

それにLUSHのバスボムって大体ひとつ900円近くするので、普段使い用に買うのは少し贅沢だし貰ったら嬉しいものの上位に入るのでは?と思うのですがいかがでしょうか。

まさにクリスマスギフト!というデザインで素晴らしいのでかなり迷います……

これを購入して、個別で「フェアリーキャンディ」シリーズのボディースプレーやバブルバーやソープやシャワージェルを揃えるのも良いですよね。

10月いっぱい(ハロウィン限定商品を購入したい為)迷いたいと思います。

予算は二万円くらいの予定です。

ギフトメッセージもフィンランド語で書くとより本格的なのですが、残念ながらフィンランド語の知識が皆無なのでスタンダードな英語で書きました。

最適解と言える文章を悩みに悩んでわずか6行を書くのに3時間もかかりました。

ニュアンスに拘り抜いた為、久しぶりに脳を酷使した気がします。

無事にギフトメッセージが完成して安堵しました。

因みにLUSHはぼくが好きだったので香りに拘る娘も好きなのでは?と思っただけで、企業理念は素晴らしいとは思いますがぼくはヴィーガンでもないし、オーガニックなものに拘りがある訳でもなんでもありません。

因みに現在のカートの状態はこちら。

f:id:braininavat_nano:20211013223909j:image

これでも頑張って泣く泣く減らしたつもりです。

これ以上削るのは難しい……

だって使わなかったとしても最悪インテリアにできるじゃないですか、ねぇ。

この「最悪インテリアに」思考のせいで、ぼくはTDLTDSに行くときはお財布に10万円は入っていないと怖くて行くことができません。

あれもこれも全部可愛くて欲しくなってしまうし、むしろ「必要」とまで思っちゃうんですぅ……

浪費は続くよどこまでも。

 

昨夜は遅ればせながら劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を観て煉獄さんの生き様と死に様に大いに感動して、嘔吐くほど泣いてしまいました。

若く情熱的で面倒見のいい誇り高く強き剣士。

生まれ持った才能を磨き、本人の弛まぬ努力と英才教育の結果、豪胆で懇篤な人物に育ったのでしょう。

多くのひとを鬼から守る為に生命を賭けて戦った煉獄さんは猗窩座に敗れ生命を落としましたが、炭治郎の言う通り負けてなどいないと思いました。

結局煉獄さんは誰一人として死なせなかったし、守り抜いた。

最期の瞬間まで立派でした。

煉獄さん、どうか安らかにお眠りください。

煉獄さんのお母様の教えは気高く厳しくも温かい素晴らしいものでした。

f:id:braininavat_nano:20211026160336j:image

f:id:braininavat_nano:20211026160343j:image

f:id:braininavat_nano:20211026160410j:image

f:id:braininavat_nano:20211026160417j:image

ノブレス・オブリージュの精神に非常に近しいと思います。

ぼくなりに訳すのならば、「高貴なる者の義務」でしょうか。

Wikipediaの「高貴さは(義務を)強制する」という訳は粋じゃなくて好きになれません。

ノブレス・オブリージュとは貴族や上流階級に生まれた者は社会に対して果たすべき責任や義務がある、という道徳観のことを指します。

ぼくも娘にノブレス・オブリージュの精神を常に解りやすく噛み砕いて説いているので親近感を感じました。

ま、我が家は貴族や上流階級どころか精々中流階級なのですが、持つべき者は持たざる者へと分け与えるべきであるし慈善を施すのは美徳であると思います。

いついかなるときも気高く生きて欲しいものです。

 

さて、本日のおやすみメニュー。

メラトニン20mg.5-HTP.テトラミド30mg.マイスリー10mg.サイレース4mg.ヒルナミン50mg.

 

おやすみ、世界。